mii0303’s diary

ホントのわたし。

憂鬱な年末。

主婦になって10年が過ぎ、それなりに立ち居振る舞いも出来るようになってきた。  

 

年末年始の嫁仕事。

 

兄弟家族が勢ぞろいするから、楽しい反面、やっぱり憂鬱。

 

誰かが言っていたが、嫁として10年頑張って来たら、姑に物言いをしても良い…と。  

 

はっきり言って、姑は非の打ち所がないくらいに素敵な人。

 

妻として、母として、とても尊敬出来る。

 

そして、私の事も子どもの事も大切にしてくれている。

 

でも、なんだろう。

 

心から寄り添えないというか。

 

やっぱり、夫のお母さんとは心から打ち解けられない。 

 

多分、夫がとってもお母さん想いだからだろうな。 

 

決してマザコンでは無いのだけれど、心から母を大切に思い、心配しているのが分かる…というのが伝わるからかな。

 

娘の私は、実母にこんなストレートな感情はない。

 

勿論、育てて貰った恩返しをしなくちゃ…とは思って接しているし、身体の心配もしているが、それは、介護が必要になったらどうすれば良いのか…という不安があっての事でもある。

 

大好きな母だから…というストレートな気持ちは無いかな。

 

こういう事を思う自分の冷たさが嫌になる。

 

きっと、自分に返ってくる。

 

と、それはさておき。

 

これら諸々の感情から、夫の母と心から打ち解ける日は来ないのかも知れない…と思いつつ、姑と家族になれる日がくれば楽になれるのに…とも願っている。

 

家族になれてないから、年末年始の嫁仕事が憂鬱に感じるんだと。

 

常に気を遣うから疲れる。

 

…って、きっとお義母さんも私に同じ事を思っているだろうな。 

 

 

冬。

あっという間にもう冬になってしまった。

 

ブログを書かなかった間、気持ちも体調も生活も安定しており、ささやかな幸せを有り難く感じる事も出来ていた。

 

ただ、学生時代の友達と会ったりして、いつものように彼女達と私を比べ、一人落ち込んだ事があった。

 

もうね、これは誰と会っても同じ。

完全に癖です。

 

落ち込む理由は、私より仕事を頑張ってるなぁ、旦那さんの年収凄いなぁ、家を買って羨ましいなぁ…

 

比べても仕方ないコト…分かっているのに。

 

でも、最近はそう思った自分への対処法も分かってきた。

 

私はあの子達にはなれない。

そう言い聞かせて、自分の今を納得させるようにしている。

 

あの子達と同じ仕事力、私のキャパでこなせる?

自分は夫が大好きで結婚したんでしょ。夫以外は考えられなかったでしょ。

 

これを考えると、スッと気持ちが楽になった。

 

私はキャパが狭い。

だから、今のような余力が残るパートを選んでいる。

 

夫のことは今でも大好きだ。

夫からもすごく愛されている。

夫はキャパの狭い私も、弱い私も…全て受け入れてくれている。

 

人の幸せはそれぞれ。

 

でもね、少なからず落ち込むのはこの先もあると思う。

 

だって、このマイナス思考は私の個性、癖だから。

 

だからかな。 

 

昔の友達に会ったりするのが、楽しみではなくなってきている。

 

自分はなんて薄情な人間なんだ…って思うけど、会った後に負のエネルギーに支配される感じ…たまらなく怖い。

 

夫と子どもさえいればいい。

 

夫も子どももいなくなったら、ひとりでいい。

いや、住む場所と食べていけるお金があればいい。

 

私は、繋がる事が苦手なのかも知れない。

不調続き。

暦上は夏だというのに、秋みたいな涼しい日が続いたり、突然の大雨、そして体温以上の酷暑。

 

お盆前から、子ども→わたし→夫→子ども と、一周回って風邪をひいていて。

 

わたしに限っては、体調不良がね、続いて参る。

 

夏休み始めに、ギックリ腰をやり。

 

お盆には風邪から、声が出なくなるという最悪な事態に。

 

こんなに声が出なくなるほど枯れるのは初めて。

 

夏休みって、主婦にはストレス満載!

 

その疲れがきたのかな。

生活感のないヒト。

今日はパート。

 

職場の人と雑談している時に「生活感ないですよね--。」と言われた。 

 

何だろう。普通に嬉しかった。 

 

私の理想とする人は「そこそこ年齢いってるから結婚してるんだろうなぁ。綺麗にしてるなぁ。子どもとかいるのかな?」みたいな、いかにも主婦です!という感じがしないヒト。 

 

あ、でも、頑張ってます!感が出るのはイヤ。

 

いわゆる、美魔女みたいな感じは苦手。

 

自然なんだけど、小綺麗にしてる感じ...憧れるんだよなぁ。

 

しかし、夫も同僚から「生活感のない人」と言われているようで。

 

似たもの夫婦なんだな。

 

 

 

 

懇談会。

今日は、懇談会。

 

幼稚園のころから、この手の保護者の集まりは皆勤。  

 

やっぱり、学校で先生の話を聞くのは大事だと思う。

 

先生の表情や話し方、クラスの掲示や様子など。

 

それだけで、今の学校の雰囲気が良くわかる。

 

3年生にもなると、親同士の付き合いもあっさりしてくるから、だいぶ楽。

 

昔は、懇談会前後にも話し込んだりして、その日は夕飯が作れないくらいどっぷり疲れてたな。 

 

今日は、パート早退して懇談会だったが、まだ余力あり。

 

 

私の年収。

今日、所用で必要な課税証明を取りに行った。

 

結婚してから毎年行っているので、夫の収入が年々上がる様を、数字で再確認出来る日でもある。

 

私は、専業主婦の時は0。

 

今はパートしているが、扶養内なので課税は0。

 

夫はね、きちんと働いて、年々キャリアを積み、年収は中くらいの層…て所だろうか。

 

私、夫と大学の同級生。

 

あの時の夫は、ふらふらしていて、ちゃらんぽらんな事もして。 

 

パチンコに入り浸る生活をして、単位を逃したりとか。

 

私は単位も落とすことなく、バイトにも励みつつ。

 

夫と付き合っていたから、私のバイト代を夫のパチンコに充ててしまったこともあった。

 

まぁ、根は真面目な夫だけど、典型的な自堕落大学生だったと思う。

 

それが、ナニ。

 

今は、夫に養ってもらっている。

 

夫は安定した仕事だ。

 

同級生同士だから、ふと、当時の夫と今の夫を比べてしまうことがある。

 

あ〜、オトナになったな。

 

成長したな。

 

付いてきてよかったと。

 

反面、大学時代は私の方が真面目に取り組んでいたはずなのに、今は夫に抜かされ、夫に捨てられたら生活できない私。

 

男だから、女だからとかじゃない。

 

当時の同級生で、夫と同じようにキャリアを積んでいる女の子もいっぱいいる。

 

私みたいに、専業主婦してる子の方が少ない、いや、殆どいないんじゃないか。

 

だからと言って、私には無理な仕事だった。

 

私のキャパシティでは無理だ。

 

子育てがひと段落したら、私には何も無くなってしまう。

 

怖い。

何もしない。

今日はパート休み。

 

夫と子どもを見送ってから子どもが帰宅するまで、見事に何もしなかった。

 

ただ、ベッドでゴロゴロとしながら海外ドラマを見てうとうとし。

 

お昼ご飯を食べてから、またベッドでゴロゴロ。

 

これはひどい

 

子どもが帰宅する前にノロノロと起きて、洗濯や掃除機を済ませたが。

 

規則的に動いた方が身体は軽くなるし、気分も明るくなる。

 

これは、医学的にも言われている事らしいし、実際に私もそう感じる。

 

でも、特に予定がない日に「何もしたくない」と思うスイッチが入ってしまうと…アウト。 

 

こういう休日の過ごし方は、昔から変わらない所もあるから、今更変えようなんて無理なんだろうけど。 

 

学生時代から、予定がいっぱい詰まった手帳が苦手だった。

 

余白が多い方が安心していた。 

 

要は、ここで遊ぶと翌日に支障がでるな--とか、前日は遅くまで飲むだろうから、翌日は予定入れたくないな--とか。

 

常に、先々の予定を考え過ぎだからだろう。

 

やはり、昔から「今」を楽しめない自分。

 

何もしない…そんな休日は大好きだけど。

 

いつも罪悪感がつきまとう。

 

専業主婦だから?

 

周りの兼業主婦と比べるから?

 

稼いでくれる夫に申し訳ない?

 

何もしない…どうせなら罪悪感なんて取っ払って満喫させて。