mii0303’s diary

ホントのわたし。

朝食。

夫と子どもを無事に送り出し、急にガランとした部屋になる…この瞬間は嫌いじゃない。

 

朝食は、それぞれ好みな物を出すようにしている。

 

パン派な夫とご飯派の子ども。

 

私が子どもの頃、そんな気分じゃないんだよな--な朝食を出された時のガッカリ感が鮮明に残っているせいかも知れない。

 

こう書くと、なんだか冷たい母親のように聞こえるが、むしろ逆で、私はかなり甘やかされて育っている。

 

私は基本Mなので、相手に喜ばれて自分の喜びを得るタイプ。

 

だから、このような朝食を作ってしまうんだろう。

 

自分のためだけにいきる…なんて、私にはとても難しくて無理。

 

私を必要と思ってくれる人がいるから、生きていける。

 

今日も、何度も子どもと夫の事を気に掛けて、明日のパートの事を心配しながら…ゴロゴロするんだろうな。

 

頭にスイッチがあればいいのに。

 

本当は何も考えたくないのに。