mii0303’s diary

ホントのわたし。

手を繋ぐ。

日本人は、結婚すると人前ではスキンシップをしなくなる傾向がある…と思う。

 

妻は三歩下がって…とまではいかないが、そんな文化があったからだろうか。 

 

私たちは現在でも、ご近所や両家以外の場所でのお出掛けには、必ず手を繋ぐ。

 

いや、私が繋ぎたいから、夫は私に合わせてくれているのだろう。

 

夫婦になると、経済的なこと、子育てのこと、お互いの実家のこと、仕事のこと…

現実的な出来事を対処していくのに気を取られて、何故お互いを結婚相手として選んだのか、根本を忘れがちになる。

 

相手に恋していた自分を忘れてしまうということだ。

 

外出先で手を繋ぐと、不思議と夫に恋をしていた頃の気持ちが蘇る。

 

ドキドキ…とまではいかないが、私はまだ夫に恋をしているんだ…と、更にまた夫が好きになる。

 

この気持ちは、もしかしかたらただの思い込みなのかも知れない。

 

夫にはずっと恋をしていたい…そういう願望があるから、そう思い込んでいるだけだと。

 

私は結婚してまだ10年だが、この10年で感じた事は、結婚とは洗脳し合う事かも知れない…ということだ。  

 

この人と結婚して幸せだと思い込み、相手にも同じ気持ちになってもらうよう洗脳する。 

 

手を繋ぐ…その行為をする事は、私にとって、夫に洗脳される儀式なのかも知れない。