mii0303’s diary

ホントのわたし。

憂鬱な年末。

主婦になって10年が過ぎ、それなりに立ち居振る舞いも出来るようになってきた。  

 

年末年始の嫁仕事。

 

兄弟家族が勢ぞろいするから、楽しい反面、やっぱり憂鬱。

 

誰かが言っていたが、嫁として10年頑張って来たら、姑に物言いをしても良い…と。  

 

はっきり言って、姑は非の打ち所がないくらいに素敵な人。

 

妻として、母として、とても尊敬出来る。

 

そして、私の事も子どもの事も大切にしてくれている。

 

でも、なんだろう。

 

心から寄り添えないというか。

 

やっぱり、夫のお母さんとは心から打ち解けられない。 

 

多分、夫がとってもお母さん想いだからだろうな。 

 

決してマザコンでは無いのだけれど、心から母を大切に思い、心配しているのが分かる…というのが伝わるからかな。

 

娘の私は、実母にこんなストレートな感情はない。

 

勿論、育てて貰った恩返しをしなくちゃ…とは思って接しているし、身体の心配もしているが、それは、介護が必要になったらどうすれば良いのか…という不安があっての事でもある。

 

大好きな母だから…というストレートな気持ちは無いかな。

 

こういう事を思う自分の冷たさが嫌になる。

 

きっと、自分に返ってくる。

 

と、それはさておき。

 

これら諸々の感情から、夫の母と心から打ち解ける日は来ないのかも知れない…と思いつつ、姑と家族になれる日がくれば楽になれるのに…とも願っている。

 

家族になれてないから、年末年始の嫁仕事が憂鬱に感じるんだと。

 

常に気を遣うから疲れる。

 

…って、きっとお義母さんも私に同じ事を思っているだろうな。